ゲシュムの魅力

ゲシュムの文化を体験

主な見どころ 文化

ゲシュム島で最も特徴のある見どころの一つが、地方の文化です。

イラン本土とは異なり、ゲシュム島の住民のほとんどはスンニ派であり、また彼らの文化も海洋貿易や接触を通じ、周辺のペルシャ湾岸地域、さらに遠く離れた国々の影響を受けています。

また、ゲシュム島の人々は多様な民族的特徴を有していて、これも長い地域間の交流と交易の歴史を表しています。さらに、それぞれの村が独自の伝統と文化を有し、代々受け継がれてきました。

近年では、村落の女性住民の自立と伝統文化の再活性化を目指した取り組みが行われてきています。

 
1.	レンジ・ボート造船所

1. レンジ・ボート造船所

 ゲシュム島は、レンジ・ボートと呼ばれる伝統的な貨物船の製造で知られてきました。レンジ・ボートは湾岸地域の物資の輸送に何世紀もの間利用されてきました。製造業者は国内ばかりでなく海外の船会社からも発注を受けています。

造船所は島の北岸に点在し、グーラン等いくつかの造船所では造船現場を見学することができます。

 

 

バーチャルツアー

 
2.	 地元産の手工芸品

2. 地元産の手工芸品

ボルケカラフやサラク等の村では手工芸品の製造が盛んで、またそれらは独自の伝統を反映しています。いくつかは土産物店で買うこともできます。

これらの中にはショールやヘッドバンド、海洋生物のイメージの刺繍をあしらったカバンや衣服等がありますが、最も特徴的なもの伝統的な女性用のマスクです。これらはその人の出身の村を表す役割があります。それぞれの村が異なるデザインを持っていますが、一般的にシーア派の村は長方形で赤色を使用したマスクです。一方スンニ派は黒と金色を用い、口ひげ形をしたものもあります。現在は主に年配の女性が着用しています。

これらの手工芸品産業は伝統芸術の継承だけでなく、女性の経済的自立にも貢献しています。

 
3.	 織物、衣料品製造

3. 織物、衣料品製造

カバルジン村をはじめとするいくつかの村では織物産業が盛んで、主に女性の工員によって色鮮やかな布地が製作されています。これらの布地は衣料品やカバン、財布、人形等の手工芸品に加工されます。こうした織物製造も村の人々の、特に女性の生計向上と自立に寄与しています。

 
4.	 伝統音楽

4. 伝統音楽

 ナガシェ等の村では、女性をはじめ住民の社会活動参加を促すため、女性活動家が主体となって運営する村祭りが定期的に開催されています。祭りでは歌手や音楽隊による伝統音楽の演奏や、主催者による講演、村人が作った手工芸品や食べ物の販売等が行われます。こうした祭りは素朴ですが、地方文化の理解を深める上で旅行者にとっても参加する価値があるものです。

Share this page

Copyright©2016 ゲシュム自由特区庁

利用規約 | 設計・開発 Hezare Media