入国とビザ

1.ゲシュム島のみを訪れる場合

ゲシュム島のみを訪れる場合、イランのビザは不要です。最長滞在期間は14日ですが、ゲシュム自由特区庁(QFZO)へ申請すると、最長6か月まで滞在を延長することも可能です。

 

2.ゲシュム島の他本土へも訪れる場合(観光目的の場合)

 イラン観光ビザが必要になります。イランの旅行会社を通じてホテル等の手配を行っていない場合は、イラン外務省 (http://evisa.mfa.gov.ir/)に事前申請し、事前許可書、番号を得ることが必要です(許可書の発行まで710日程度かかります)。

(1)   在日イラン大使館での申請(郵送による申請も可能です)

以下の申請書類が必要です。

   申請書(大使館で入手、もしくは下記よりダウンロード可能)

Http://jp.tokyo.mfa.ir/index.aspx?fkeyid=&siteid=392&pageid=25847

   写真2(3×4cm)

   パスポートとコピー

   イラン外務省による事前許可書

   発給料6500

  最大30日まで滞在可能な観光ビザが発給されます。

問合せ先:在日イラン大使館領事部ビザセクション( tel: 03-3446-8011 内線177

(2) 到着空港での申請

テヘラン、シーラーズ、エスファハーン、マシュハド、タブリーズの各空港から入国する場合、空港で査証申請することが可能です。この場合も事前にイラン外務省に事前申請し、事前許可書を入手後印刷しておくことが必要です。

申請に必要な書類

   申請書

   写真2枚(******cm

   パスポート

   イラン外務省による事前許可書

   復路航空券

   発給料US$50

(3) ゲシュム島で申請する場合

制度上はゲシュム入島後、島内の外務省代表事務所で発給を受けることが可能ですが、手続きに時間がかかることも考えられますので、入国前に査証しておくことを強くおすすめします。

Share this page

Copyright©2016 ゲシュム自由特区庁

利用規約 | 設計・開発 Hezare Media